第24回億男塾開催

令和3年、7月の
リアル億男塾は、
恒例の、24日に、東京、自由が丘で開催しました。
今回のテーマは、【主体性】。

・普段の主体性が、垣間見られる主体性ワーク3連発
・主体性と結果の、関係性について
・主体性の役割
・成功者の主体性
・そもそも主体性の定義とは?
・自分がコントロールできることに、集中する
・自分がコントロールできることは、自分のこと
・売上は、他者からの評価

第23回億男塾開催

今月、令和3年6月の
リアル億男塾は、
恒例の、24日に世田谷区深沢で、
行われました。

今回のテーマは 
「バックエンド商品が売れる、
フロントセミナーの作り方、話し方」

内容
・3分間ワーク  
あなたのバックエンド商品のベネフィット、メリット、メリットの特長の書き出し
・セミナーの種類と、ステップマーケティング
・体験スピーチ型は、やってはいけない
・超重要 
フロントセミナー、作り方の手順
・バックエンド商品が自ずと売れるセミナー進行の型
・常に問いかけるSPINN話法・問いかけの設計について
・なぜ、問いかけるのか?何を問いかけると買われるのか?
・バックエンド商品が売れるBAFB話法
・受講者の感情と論理を支配する

第22回億男塾開催

令和3年5月のリアル億男塾は、恒例の24日に、文化人の街、大田区山王で、行いました。

 今回のテーマは、成功も成功法もみんな人それぞれ違っている、「自分に合っていることを、自分の合っているやり方で、やればいい(やらなくてもいい)」です。 

億男塾のメンバーは、みな30代以上で50代が主流です。 
それぞれ、これまでの人生の歴史、教育、環境が異なっていますし、今現在の知識、学力、技術や資金力、性格、人間関係、事情なども当然異なっています。 

みんなが、同じ価値観ではないことは当然です。また、「成功」や「お金」についての価値観も当然それぞれ必ず異なっていて、完全一致ということはあり得ません。

「自分に合っていることを、自分の合っているやり方で、やればいい」ですし、やらなくてもいい訳です。 
ゲスト講師の先生は、出版実績もあり、会社員、個人事業主、会社経営者という様々な立場で、自分の在り方を追求して来られました。

先生の社会人人生を振り返りながら、メンバーは、自分の過去と今、これからを考える時間を持ちました。

第1回億男塾プラス開催 令和3年5月15日

・「億男塾プラス」が、スタート!

億男塾では、定例の毎月24日のリアル億男塾の他に、令和3年5月から不定期開催で、新たに「億男塾プラス」の催しをスタートさせました。

例えば、朝活、夜活、昼活も。
内容は、グループコンサルあり、読書会あり、また博物館や美術館、教会や寺社仏閣へのお参りもございます。遠足や旅行も考えてオリます。

「億男塾プラス」は、メンバーはもちろん、メンバーの同伴者の参加も可能。(メンバー外の単独参加不可)

参加費は、原則実費のみ。
完全自由参加で、遅刻早退も自由。

・令和3年5月15日億男塾プラス、インスタ勉強会を開催しました。無料

講師の先生は、インスタ集客で売り上げ実績、なんと4千万円の横内和加(億男塾メンバー)

第21回億男塾開催

令和3年4月のリアル億男塾は、 
 恒例の24日に、目黒区鷹番にて行われました。
  今回のテーマは、【勝ちパターン】。

・勝つ「型」
・上手くいくか確率が高いお決まりの手順
・成功法則
・自由自在に、具体と抽象を行き来する習慣のコツは、「例えば」と「〇〇〇」を使い倒すことから
・共通項、因果、相関
・自分の、勝ちパターンを持つことが楽、便利
・一般は関係ない
・自分の〇〇〇〇な兆しを知っているか
・正解を知っていると、正解しやすい
・勝ちパターンの見つけ方、創り方について
・ルーティーン、ケの日の強み
・ワーク今までの人生で最高に頑張って、かつ、その上で最高の結果を出した時、あなたは、どんな考え方、やり方をしていましたか?
・勝ちパターンは、人によって異なる
・成果を出しやすい考え方とやり方を早く見つけると、楽、失敗しにくい
・「考えてから、動く」か「すぐ、動きながら、考えるか」は、人によって異なる
・マーケットで、「即行動」を謳われる、ホントの意図は?

その他、、、

第20回億男塾開催

令和3年3月のリアル億男塾は、
世田谷区深沢で、恒例の24日に行われました。 

今回のテーマは、【人脈】。

・人脈とは何か
・結局、お金儲けも人間関係もコミュニケーション
・自分の、つながっている人リストを書いてみた
・つながるキッカケ作り
・つながる魔法の言葉は、2種類ある
・人選びの事前基準は、○力にする
・関係性の育み方で、重要な秘訣はスルー能力、許す
・コラボする相手の条件
・可愛がられ力を付けておく
・格上の人と、コラボする
・保証を求めないで、相手を信じるのが信頼関係
・みんな、それぞれ別々の人間。みんな、それぞれ事情がある

第19回億男塾開催

2月のリアル億男塾は、
恒例の24日に、
世田谷区深沢にて
開催致しました。   
今回のテーマは3つ
1. 実験、30回じゃんけんで勝つには?
2. ヒミツの勉強会「恐ろしいほど売れるセールスメッセージの【型】」
3. 10年ごとに必ずやってくる経済ショック

・じゃんけんで30回勝つには?を実際に、全員でじゃんけんをして試しました。
・じゃんけんを一度すると、結果は次のうちのいずれかに必ずなる。勝ち、負け、あいこ
・30回じゃんけんで勝つために、実験では最多で100回、最少でも70回以上のじゃんけんをする必要があり、つまり、40回から70回負けたり、あいこになる必要性が結果的に生じた。
・この事実から、何を悟れるか?
→ じゃんけんし続ければ、30回勝つことは、いつか必ず達成出来る
→ 勝つためには、継続性。
→ 勝つためには、負けたり、あいこになるのは当たり前。

・じゃんけんが、通常のビジネスだったならば、どうか?
→闘うためには、コストが必要。時間、金銭
→闘うためには、健康が土台→闘う意思の源は、情熱
→運転資金の調達は欠くことが出来ない
→健康維持に努め続ける
→闘い続けられれば、必ず勝てる。
→勝っている人は、たくさん負けていたり、あいこを経験している。

・勝たなくても、負け過ぎないように、マーケティングする。
・必ず約10年ごとにやってくる景気変動。好況、不況
・好景気、不景気のタイミングは、人によって異なる。みんな同時になるものではない。
・コロナ不景気でも、好景気な人は必ずいる。
・必ず不景気になるのだから、やっておくことは?
・必ず好景気になるのだから、やっておくことは?
・結果に大きく影響するか、しないかを必要性の判断基準にする

第18回億男塾開催

令和3年1月リアル億男塾は、
恒例の24日に、

目黒区鷹番にて、行いました。

今回のテーマは、 
「少し先を行く、起業家のリアル」。
ゲストに、#bonboncherryハイジ さんをお迎えして、塾長 杉本幸雄とのトークショーを
億男塾メンバーたちが聴講致しました。

個人事業主から法人として、
テレビパブリシティを獲得したり、商業出版が有名出版社から決まっていることや、YouTuberとしての工夫している点、
順調に推移させた経営ノウハウについて、リアルなところを色々と教わりました。

主な内容
・借入金
・広告費
・外注先の選び方
・アウトプット
・差別化
・集客

第17回億男塾開催

12月のリアル億男塾は、 
 恒例の24日に、東京、目黒区にて開催されました。

今回のテーマは、「実践、模擬セミナー」。
目的は、売り上げる能力の養成。
いくつかのルールを事前に設定しました。

ルールを設定した目的は、
・時間を守るトレーニング
・依頼先からの指定を守るトレーニング
・ディスプレイやPCの段取りに慣れるために
・講師<病>にならないように自己採点するための基準も、事前に示しました。着眼点は、二つ。
・ルールを守ったか(一つでも守らなければ、-100点)
・売上目標への到達度(売れなければ、 0点)億男塾メンバーたちは、各自、用意した講演を他メンバーたちを受講者として、立派に実施しました。

講演後、塾長の杉本幸雄からの総評は次の通り。
(総評)
億男塾の目的は、高いレベルの自己実現をするための基礎知識とマインドを学ぶ場であることに照らすと、今回のメンバーたちの、セミナーは不十分。
何が、不足していたか。

・講師である自分がセールスマンである認識の不足「講師(自分)
・受講者・セールスする商品
・セミナー内容」のスムーズさ、言い換えると「流れのリズミカルさ」がなかった。何を売るか、自分はそれを売るに値する人物だというプロフィール、ターゲットに対して、それが必要な理由、事例紹介
・クロージングの準備不足セールスしている商品をターゲットが購入すると、どんなメリット、ベネフィットが得られるのかが不明瞭であった。
また、商品内容や価格、支払い方法などをターゲットにきちんと理解してもらい、買う気にさせる工夫の不足。

ただ、今回の目的は「売る」ことですから、売れていれば今回は問題ない、という解釈もできます。

第16回億男塾開催

11月リアル億男塾は、
恒例の24日に、 東京 南麻布(四ノ橋)で、行いました。

今回のテーマは、  「売り上がるプロフィールの型」

・プロフィールは、ターゲットと商品をつなげる「かけ橋」
・プロフィールは、ターゲットにとって判断基準
・勝ち方は、「型」に沿って、上書きするというテクニック
・ターゲットにどう思われたいかで、プロフィールを作成する
・人は、エスパーじゃない。書いてないことは分からない。
・書いていることも、全部は読んでくれない。
・ターゲットの心とお金を動かすプロフィール
・成功者のプロフィール作り、実際にどうやっているか

※追加オプション講座として、 「プロフィール作成道場」も開催。

・ゲスト講師 起業15年従業員30人の経営者、AK先生によるワークショップからスタート

そして、
・コンセプト ・メインターゲット ・顧客の利益
・バックエンド商品 ・フロント商品 ・肩書き案の書き出し
・売れるネーミングの条件について
・ターゲットは、どんな暮らしぶりをしているか
・プロフィール作成の材料を探す、思い出す、集める
・いつも全体から部分を
・どちらの型を選ぶか
・実際にプロフィールを作ってみる
・プロフィールは、定期更新してみる
・いろんな経営者のプロフィールを見てみよう