第17回億男塾開催

12月のリアル億男塾は、 
 恒例の24日に、東京、目黒区にて開催されました。

今回のテーマは、「実践、模擬セミナー」。
目的は、売り上げる能力の養成。
いくつかのルールを事前に設定しました。

ルールを設定した目的は、
・時間を守るトレーニング
・依頼先からの指定を守るトレーニング
・ディスプレイやPCの段取りに慣れるために
・講師<病>にならないように自己採点するための基準も、事前に示しました。着眼点は、二つ。
・ルールを守ったか(一つでも守らなければ、-100点)
・売上目標への到達度(売れなければ、 0点)億男塾メンバーたちは、各自、用意した講演を他メンバーたちを受講者として、立派に実施しました。

講演後、塾長の杉本幸雄からの総評は次の通り。
(総評)
億男塾の目的は、高いレベルの自己実現をするための基礎知識とマインドを学ぶ場であることに照らすと、今回のメンバーたちの、セミナーは不十分。
何が、不足していたか。

・講師である自分がセールスマンである認識の不足「講師(自分)
・受講者・セールスする商品
・セミナー内容」のスムーズさ、言い換えると「流れのリズミカルさ」がなかった。何を売るか、自分はそれを売るに値する人物だというプロフィール、ターゲットに対して、それが必要な理由、事例紹介
・クロージングの準備不足セールスしている商品をターゲットが購入すると、どんなメリット、ベネフィットが得られるのかが不明瞭であった。
また、商品内容や価格、支払い方法などをターゲットにきちんと理解してもらい、買う気にさせる工夫の不足。

ただ、今回の目的は「売る」ことですから、売れていれば今回は問題ない、という解釈もできます。

第16回億男塾開催

11月リアル億男塾は、
恒例の24日に、 東京 南麻布(四ノ橋)で、行いました。

今回のテーマは、  「売り上がるプロフィールの型」

・プロフィールは、ターゲットと商品をつなげる「かけ橋」
・プロフィールは、ターゲットにとって判断基準
・勝ち方は、「型」に沿って、上書きするというテクニック
・ターゲットにどう思われたいかで、プロフィールを作成する
・人は、エスパーじゃない。書いてないことは分からない。
・書いていることも、全部は読んでくれない。
・ターゲットの心とお金を動かすプロフィール
・成功者のプロフィール作り、実際にどうやっているか

※追加オプション講座として、 「プロフィール作成道場」も開催。

・ゲスト講師 起業15年従業員30人の経営者、AK先生によるワークショップからスタート

そして、
・コンセプト ・メインターゲット ・顧客の利益
・バックエンド商品 ・フロント商品 ・肩書き案の書き出し
・売れるネーミングの条件について
・ターゲットは、どんな暮らしぶりをしているか
・プロフィール作成の材料を探す、思い出す、集める
・いつも全体から部分を
・どちらの型を選ぶか
・実際にプロフィールを作ってみる
・プロフィールは、定期更新してみる
・いろんな経営者のプロフィールを見てみよう

第15回億男塾開催

今月10月のリアル億男塾は、恒例の24日に開催しました。   

今月のテーマは、「選択とポジション、ポジショニングの重要性」について

・選択とは、実践する前段階のもの。
      方針、立ち位置、在り方 ・選択✕実践=成果
・マトリクス図表で、自社のポジショニングを理解する
・勝てるポジショニングは、右側上方だけ
・9割の、その他大勢がポジショニングしているところに、位置したくなる感情と事情について
・大企業のポジションと弱者のポジションは異なる
・差別化の仕方
・勝ち筋の見い出し方 ・結局、選択が不適切だといくら実践してもムダ、無理

第14回億男塾開催

9月のリアル億男塾は、恒例の24日に、
東京世田谷区で行われました。

今月のテーマは、
「自主開催してみる(セミナー、講座・研修、勉強会、お食事会)」
・自主開催のメリット
・目的設定が第一・セミナーはフロント商品、必ずバックエンド商品のセールスをする
・内容(コンテンツ)の決め方
・何が何でも、集客する
・「ジャニーズJr.方式」をやってみる
・今でもなお、メルマガは、堅調な集客ツール
・段取り術・会場選びとブランディングについて
・話し方について・服装・講師、運営者、司会、受付の役割
・環境整備(音楽、カーテン、提供品)
・水と美人受付嬢の効果そして、最後に
・自主開催で得られるものは、コネと先生ポジション

そして、最後に
・自主開催で得られるものは、コネと先生ポジション

第13回億男塾開催

8月のリアル億男塾は、
恒例の24日に、
目黒区にて、行われました。ソーシャルディスタンス、換気、マスク着用。億男塾前には、地元の大鳥神社さんにお詣り。
    今月は、豊富な成功実績だけでなく、思うように事が運ばなかったご体験もあるという #大上達生 氏をゲスト講師としてお迎えし、
 【#億男になるための鉄板プロセス】というテーマで、
講演を賜りました。(聴講料  塾生無料、一般10万円)
・億男になるための大前提、まず○ー○を知ること
そして、
・失敗パターンを把握しておく
・○○価格設定は、苦しむ
・自分の価値観の優先順位を知っておく
・具体的数値を持つ
・目標達成までの具体的な○○を描く
・諦めるとは?諦める重要性
・とにかく理詰めで、実践と修整を成功するまで繰り返す
・イシューから始める
・問題を因数分解して、課題をあぶり出す
・売上=集客数✕成約率✕客単価
・セールスできないのは、事業は無理
・市場を知るとは?
・うまくいかない人の不思議は、競合他者分析をしないこと
・億越えの公式
そして、とにかく具体的に頑張ること。
約束を守る、遅刻しない、継続するだけで、トップレベルに仲間入り出来る。

ゲスト講師 大上達生先生と億男塾メンバー

第12回億男塾開催

7月のリアル億男塾は、
恒例の24日に、
目黒区にて、行われました。ソーシャルディスタンス、換気、マスク着用。    
   今月の主要テーマは、
・「抽象と具体」を、自由自在に行き来する思考癖を付ける
・コミュニケーションにおける”顔”がもたらす「印象」について
・人生の目的とは、生きている間に何を成すかのこと
   ※パートナーの「顔」を見て感じることを遠慮なく、リストアップ。
そして、これをプレゼント。自分が他者に与えている印象例をチェック。

第11回億男塾開催

6月のリアル億男塾は、24日に目黒区にて行いました。

今回は、二部構成。
第1部 自分のビジネスモデルについて発表(→発表の目的、自分のビジネスや人生の目的、目標に向けての進み方を具体化し、達成可能性を理解する)テーマは次のいずれかか、を任意で選ぶ。
・私の集客大作戦
・このビジネスモデルで、私は目的を達成する予定
・私の野望の叶え方

第2部 ゲスト講師による講演 資金ショートはなぜ起きるか、資金ショートへの対処法、ゲストは税理士やファイナンシャルプランナーではなく、成功起業家。泥臭い、金策の話しをして頂きました。
今月のリアル億男塾では、
・塾生、それぞれの収支計画について、意見交換
・軍資金、種銭の大きさの重要性
・資金調達は、自らの血肉を売る発想で1円でも多く
・お金を、特別視しない。単なる道具、交換ツールと理解。
・ビジネスはコミュニケーション、相手に損をさせないと思いやる等を学びました。

塾生たちは、つらい時間を過ごしました。なぜなら、慣れないお金儲けの全体像を作ろうと、感情と論理を最大に使った時間だったからです。そして、億男塾では、懇親会はありません。学びを、一人になって、思考し直す時間を、早く確保するためです。

第10回億男塾開催

6月のリアル億男塾は、24日に目黒区にて行いました。
今回は、二部構成。

第1部 自分のビジネスモデルについて発表(→発表の目的、自分のビジネスや人生の目的、目標に向けての進み方を具体化し、達成可能性を理解する)
テーマは次のいずれかか、を任意で選ぶ。
・私の集客大作戦
・このビジネスモデルで、私は目的を達成する予定
・私の野望の叶え方

第2部 ゲスト講師による講演
 資金ショートはなぜ起きるか、資金ショートへの対処法、ゲストは税理士やファイナンシャルプランナーではなく、成功起業家。泥臭い、金策の話しをして頂きました。

今月のリアル億男塾では、
・塾生、それぞれの収支計画について、意見交換
・軍資金、種銭の大きさの重要性
・資金調達は、自らの血肉を売る発想で1円でも多く
・お金を、特別視しない。単なる道具、交換ツールと理解。
・ビジネスはコミュニケーション、相手に損をさせないと思いやる

等を学びました。

塾生たちは、つらい時間を過ごしました。なぜなら、慣れないお金儲けの全体像を作ろうと、感情と論理を最大に使った時間だったからです。そして、億男塾では、懇親会はありません。学びを、一人になって、思考し直す時間を、早く確保するためです。

第9回億男塾開催

5月のリアル億男塾は、24日
 目黒区にて、
ソーシャルディスタンス
換気
マスク着用
また、動画収録対応で行いました。
今回のテーマは、
塾生のビジネスモデルのプレゼン大会。一人20分間という制限時間で、皆、果敢に臨みました。

そして、
互いに評価書を記入。
 億男塾では、講座終了後に懇親会は、いつも行われません。この狙いは、受講での気付きに対して、新鮮で記憶が十分な状態にて、一人で考える時間を確保するためです。
 塾生たちは、毎回受講後、淡々としていて、不要な会話を交わさず、考えを巡らせながら、解散、帰途。

プレゼンテーマ(下記から1テーマを任意選択)
1.私の「集客大作戦」
2.このビジネスモデルで、私は目的を達成する予定
3.私の野望の叶え方

・目的
 自身の現状を把握することから、課題点、不足点を理解して、次に繋げる

・所定の評価書記入の目的
 自分自身の傾聴力、読解力、分析力の確認と強化
 他者へのサポート力、発信力の確認と強化

・プレゼンテーションや発信力の効果的手法について(抜粋)
 ○○を実践すると、オーディエンスを引き寄せられる

第8回億男塾開催

4月のリアル億男塾は、
24日に、世田谷区で開催しました。窓をこれでもかと開け放ち、ほぼ屋外空間で。
動画閲覧の参加方法も利用されました。

  今回のテーマは、
「嘘のコスト」。

・嘘の、意外な定義
・人間は2歳から、「得」をするために嘘を付き始める。
・ワーク  あなたは、24時間以内に何らかの嘘を付いたか?
・アメリカの学者の調べでは、60%の人が24時間以内に嘘を付いていた。(これは、嘘ではないか?)
・嘘を付いてターゲットや顧客、友人、家族、税理士、弁護士、コンサルタントなどとコミュニケーションしている場合の障害について
・嘘のコストとは、具体的に何か?そして最も、あなたにとってダメージになることについて