第17回億男塾開催

12月のリアル億男塾は、 
 恒例の24日に、東京、目黒区にて開催されました。

今回のテーマは、「実践、模擬セミナー」。
目的は、売り上げる能力の養成。
いくつかのルールを事前に設定しました。

ルールを設定した目的は、
・時間を守るトレーニング
・依頼先からの指定を守るトレーニング
・ディスプレイやPCの段取りに慣れるために
・講師<病>にならないように自己採点するための基準も、事前に示しました。着眼点は、二つ。
・ルールを守ったか(一つでも守らなければ、-100点)
・売上目標への到達度(売れなければ、 0点)億男塾メンバーたちは、各自、用意した講演を他メンバーたちを受講者として、立派に実施しました。

講演後、塾長の杉本幸雄からの総評は次の通り。
(総評)
億男塾の目的は、高いレベルの自己実現をするための基礎知識とマインドを学ぶ場であることに照らすと、今回のメンバーたちの、セミナーは不十分。
何が、不足していたか。

・講師である自分がセールスマンである認識の不足「講師(自分)
・受講者・セールスする商品
・セミナー内容」のスムーズさ、言い換えると「流れのリズミカルさ」がなかった。何を売るか、自分はそれを売るに値する人物だというプロフィール、ターゲットに対して、それが必要な理由、事例紹介
・クロージングの準備不足セールスしている商品をターゲットが購入すると、どんなメリット、ベネフィットが得られるのかが不明瞭であった。
また、商品内容や価格、支払い方法などをターゲットにきちんと理解してもらい、買う気にさせる工夫の不足。

ただ、今回の目的は「売る」ことですから、売れていれば今回は問題ない、という解釈もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です